2008年7月の購入予定。

毎月恒例、現時点でほぼ購入が確定している本の自分用備忘録。

・角川ビーンズ文庫
『身代わり伯爵の脱走』:清家未森

・小学館ルルル文庫
『プリンセスハーツ ~乙女の涙は最強の武器!の巻~』:高殿円

・B’s-Log文庫
『失恋竜と契約の花嫁』:渡海菜穂

・小学館ガガガ文庫

・一迅社文庫
『暗く、深い、夜の泉。 ―蛇々哩姫』:萩原麻里

・一迅社文庫アイリス
『ルーク&レイリア 金の瞳の女神』:葉山透

・その他
『カタブツ』[沢村凜/講談社文庫]
『百物語 浪人左門あやかし指南』[輪渡颯介/講談社ノベルス]
『虚空の旅人』[上橋菜穂子/新潮文庫]
『忘れないと誓ったぼくがいた』[平山瑞穂/新潮文庫]
『雪山飛孤』[金庸/徳間文庫]
『フリーランチの時代』[小川一水/ハヤカワ文庫JA]

確定冊数は少ないけれど、8月に『テンペスト』発売が控えていると思えば、まぁこれぐらいで体力温存しておくのがベストかもしれない。
そんな雑感はさておき、「蛇々哩姫」と「ルーク&レイリア」は双方シリーズ途中で音沙汰がなくなってしまったシリーズだったので、復刊&仕切り直しは実に嬉しいところ。
……いっそ、「運タロ」&「真タロ」とか、「あたしのエイリアン」とか、あとそれから「金陵城内記」とか「癒しの手のアルス」とか「ジェネウ」とか「高原御祓事務所始末記」とかも引き取ってくれないだろうか。
あと、ガガガ文庫の『BLACK LAGOON』が気になってるんですが……購入するかどうかはバラライカの姉御と張大哥の出番によるかなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)