『ソウルチームでいこう! 鞠子の占い事件簿』[小川いら/B’s-Log文庫]

 霊感持ちの女子美大生と何気に金持ちな男子高校生の出会いから始まった、幽霊絡みの事件簿第2弾。

 前回は動物霊でしたが、今回は若い女性の霊。彼女を成仏させるために、前回主役コンビ+新キャラ2名がタイトル通りに(いくらかは成り行きで)チームを組んで奔走する、という内容。登場人物同士のコミカルな掛け合いも手伝って普通に面白くはありますが、事件(?)そのものは幽霊絡みなわりに地味というかこじんまりしてるというか。まぁ、あまり深刻にならずとにかく解決法を求めて突き進んでいくところがこのシリーズの持ち味なのかもと思ったり思わなかったり。
 あと、鞠子と令の距離が微妙ーに縮まっている様子にニヤニヤしました。次の巻ではこの二人の関係がもっと進展するといいなー。

作品名 : ソウルチームでいこう! 鞠子の占い事件簿
    【 amazon , honto
著者名 : 小川いら
出版社 : ビーズログ文庫(エンターブレイン)
ISBN  : 978-4-7577-4184-3
発行日 : 2008/4/14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)