『パートタイム・ナニー』[嬉野君/新書館ウィングス文庫]

 とりあえず買ってみた新人さんの作品。時給5000円につられて超金持ちで超トラブルメーカーな青年の乳母(というか教育係というか猛獣使いというか)に選ばれた男子高校生の受難の日々を描いたギャグ小説。

 想像していた以上に素晴らしくアホな話でした(褒めてます) いやーもう設定から何から馬鹿馬鹿しいとしか言いようがないのですが、キャラクター同士の掛け合いやノリが楽しく、アホだなぁとツッコミつつ最後まで一気に読んでしまいました。「問答無用の説得力」(by公式の作品紹介)というよりノリで突っ走ってる話だとは思いますが、まぁ頭使わずに読めるし面白いから何でもいいや(適当)

 秋から雑誌連載も始まるそうで、次もきっとアホな話になるんだろうなーと適当に楽しみにしておきます。

作品名 : パートタイム・ナニー
    【 amazon , honto
著者名 : 嬉野君
出版社 : 新書館ウィングス文庫(新書館)
ISBN  : 978-4-40354-119-3
発行日 : 2007/7/1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)