『ファルティマの夜想曲 恋するカレン』[葉山透/B’s-LOG文庫]

 公式のあらすじ読んで気になったので、購入してみた1冊。ファルティマという名の港町を舞台にした、娼婦のカレンと彼女を取り巻く3人の男性たちの物語(Not逆ハー)

 ヒロインの設定が少女系レーベルにしては珍しい気がしますが、それ以外は良くも悪くも割と王道な恋物語だったかなーという印象。あと、大きな事件というほどの出来事もないので、やや盛り上がりに欠ける感もあるかも。
 それでも、カレンの揺れる心情などはなかなか良かったし、描写や雰囲気作りが上手いのか何気ないシーンが意外なほど印象に残ったりするのが面白かった。エピローグのまとめ方も含めて、地味だけど素敵な物語だったと素直に思えます。

 あとがきを読む限り次回作の構想もあるようで、次はどんな話が読めるのかちょっと楽しみ。

作品名 : ファルティマの夜想曲 恋するカレン
    【 amazon
著者名 : 葉山透
出版社 : ビーズログ文庫(エンターブレイン)
ISBN  : 978-4757735576
発行日 : 2007/5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)