『KENZAN!』[講談社編]Vol.2、読了。

以下、ざっと感想。

『朧夜半次郎 子掻き簪』:平山夢明
都市伝説やら怪談やら、そういった類の作品で有名な作家さん。確か、「このミス2007」1位も獲得したんでしたっけ。
それはともかく、掲載作はこの世ならぬものを見る目を持った渡世人が、ある土地で遭遇し当人たち以外は知らぬままで終わった事件の話。
話そのものはまぁ普通に面白いという感じなんですが、一部エグイ描写があるので苦手な人は注意が必要かと。詳細な描写がなかったのが救いではありますが、それでも十分痛い。

『緋色の空』:池永陽
記憶違いでなければ、この人も時代小説初めてだったはず。
今回は導入部だけですが、まぁ悪くなさそう。この先の展開次第ですが、案外この人時代小説と相性いいんじゃないかと思った。

『シユウクリーム危うし』:畠中恵
……どこがどうと上手く言えないけど、やっぱりなんか苦手。作者の人と相性が悪いんだろうなーと思います。

『山彦ハヤテ 雪ごもり』:米村圭伍
第1話のラストで涙した私の立場は一体どこへ、と言いたくなりました(←そんなものありません)

『南大門の墨壺』:岩井三四二
前号では思わず壁本にしたくなるぐらいイラついた主人公ですが、今回はそれほどでもなかったというか。呆れる部分もやっぱりありますが、少しずつでも人間的に変わっていっている部分がうかがえるのが良かったです。主人公に対するイライラさえなくなればあまり見かけない題材を扱った物語は地味ながら面白いと感じるし、何気に続きが楽しみになってきたかも。

『復字布』:森福都
不思議な獣に導かれて辿りついた仙境で、「夢の世界の自分」を体験する幼馴染3人組の物語、第2話。あれで続かなかったらどうしようと思っていたので、まずはほっとしました。
前回は二郎がほぼ主役でしたが、今回は七娘。時代的には玄宗と太平公主の対立が一触即発状態となっていた頃。とある目的から武芸師範として宮中に出入りするようになった七娘も、その権力闘争に巻き込まれ……という展開。森福さんお得意のパターンだけに、安心して楽しめました。二郎、七娘ときたからには、次号は小妹がメインの話になるのかな。今回のラストも踏まえて、次は一体どんな話になるのか気になるところ。

『柳生大戦争』:荒山徹
……他の作品を読み終わってから再読したわけですが、やっぱりこれ、なんというかこう、他の掲載作と明らかに何か違うよな……
冷静に読むと、根本の部分は「おぉ、そういう風に持ってきますか」と感心することもあるぐらいしっかりした伝奇モノという気がしなくもないんですけどね。枝葉の部分があんまりインパクト強すぎて全部持っていかれるからなぁ(しみじみ)
ところで、今回登場した十兵衛は荒山作品なのに真っ当に格好良くて思わず目を疑ってしまいました(酷) 次号以降、例によって散々な目にあったりキャラが壊れていくんだろうか……と、興味半分哀れみ半分な今日この頃。

作品名 : KENZAN! vol.2 【amazonbooplebk1
著者名 : 平山夢明 他
出版社 : 講談社
ISBN : 978-4-06-213936-6
発行年月 : 2007.3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)