『紫の末裔』[藤咲あゆな/B’s-LOG文庫]

 B’s-LOG文庫、創刊第2弾。あらすじ読む限りではちょっと微妙な気がしつつ、とりあえず購入してみた1冊。

 感想。一言で言えば、特殊能力付の必殺仕事人みたいな話でした。ただ、丁寧といえば聞こえはいいけど、それにしても展開がゆっくりすぎなのが個人的にやや微妙。主人公の少年・優生が諸々の裏話やらを聞かされて当面の自分の身の振り方を決め、さぁこれからというところで終わってるし。せめて、もうちょっとストーリィ展開に緩急がついていれば良かったと思うんですが、ねぇ……。

 その他細々と釈然としない部分はありましたが、まぁそれでも次巻が出れば過去に優生の家庭を襲った犯人が判明したりするのか、ちょっと気になるところです。

作品名 : 紫の末裔
    【 amazon
著者名 : 藤咲あゆな
出版社 : ビーズログ文庫(エンターブレイン)
ISBN  : 978-4-7577-3038-0
発行日 : 2006/11/15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)