『戦鬼-イクサオニ-』[川口士/富士見ファンタジア文庫]

 富士見ファンタジア大賞・大賞受賞作品。誰でも知ってる昔話、「桃太郎」を下敷きにした和風ファンタジー。

 これまでの富士見の大賞って基本は王道でも読ませる力があるというかぐっと引きつける作品が多かったと思うのですよね(それが好みに合うかどうかは別としても) でも、この作品には個人的にそこまでの魅力が感じられなかったというか。一言で言えば、可もなく不可もなく普通に面白かったといえる作品ではあるのですが、「え、これで大賞?」と思ってしまったのもまた事実であり……うーん、期待値が高かった反動で、結果的にいまひとつな印象になってしまったのが残念。

 続刊は出せなくもなさそうな終わり方ですが、ここで締めておくほうが好みかなー。ああでも川楊を狂言回しに使って、別の民話をモチーフにした話とかなら面白いかも。

作品名 : 戦鬼-イクサオニ-
    【 amazon
著者名 : 川口士
出版社 : 富士見ファンタジア文庫(富士見書房)
ISBN  : 978-4-8291-1865-8
発行日 : 2006/9/20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)