『聞け、我が呼ばいし声 幻獣降臨譚』[本宮ことは/講談社X文庫ホワイトハート]

リアラ女神の加護のもと、精霊や幻獣が息づく世界。この世界の少女たちは、生まれたときから精霊に守られて育ち、月が満ちれば強大な「幻獣」が使役できるようになる。リスタル王国の辺境に住むアリアは、14歳になったある日幻獣との『契約の儀』を迎えることになる。期待と不安を胸に儀式に挑んだ彼女だが、その先には思わぬ運命が待ち受けていた。

 あとがきで影響を受けた&好きな作品として名前挙げられている作品がことごとく自分の好きなものだったので、とりあえず特攻してみた新人さんの作品。
 読んだ感想としては、文章のテンポがあまり合わず(具体的には三点リーダーが多すぎると思う)読んでて微妙にイライラしましたが、内容そのものはシリーズ1冊目としては無難な出来で、まぁ普通に面白かった、というところかと。
 主人公のアリアは年齢的なものもあってか時々子供っぽさが目に付きますが、周囲に忌避される存在となってしまっても(大巫女に希望を示されたことが支えになってるとはいえ)前向きに頑張る姿は好印象。彼女を守る3人の男性も、定番だけど良い男ぞろいでGood。
 で、作中での仄めかしやら何やらからアリアの立場がこのままで終わるはずはないだろうなーと思ってたら、案の定最後にどんでん返し。この先彼女がどういう運命を辿るのか……よりもまず、今回彼女に思いっきり侮蔑の言葉を投げつけた彼が次の巻でどういう態度に出るかがものすごく楽しみになりました(意地悪) あとそれから、あとがきによれば次の巻でもまだまだ登場人物は増えそうなので、魅力的なキャラクターが沢山登場してくれることをほんのり期待。特に格好良い姐さんの登場はものすごく期待。

作品名 : 聞け、我が呼ばいし声 幻獣降臨譚
    【 amazon , BOOKWALKER
著者名 : 本宮ことは
出版社 : 講談社X文庫ホワイトハート(講談社)
ISBN  : 978-4-06-255882-2
発行日 : 2006/6/2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)