読書メーター・0910データまとめ。

読書メーター記録の「10月に読んだ本」まとめー。

10月の読書メーター
読んだ本の数:49冊
読んだページ数:14296ページ

異端者シェン〈1〉―聖なる矢 (A‐NOVELSファンタジーシリーズ)異端者シェン〈1〉―聖なる矢 (A‐NOVELSファンタジーシリーズ)
なんとなく本棚から引っ張り出して再読。長い物語の序章、という趣。それぞれに「異端者」である彼らがこの先どんな道を進んでいくのか、とても気になるのですが…どこか別のレーベルで続き出ませんかねぇ(遠い目)
読了日:10月31日 著者:三浦 真奈美
風は山河より〈1〉 (新潮文庫)風は山河より〈1〉 (新潮文庫)
文庫化による再読。
読了日:10月31日 著者:宮城谷 昌光
最後のひとりが死に絶えるまで (コバルト文庫 わ 5-1)最後のひとりが死に絶えるまで (コバルト文庫 わ 5-1)
新人さんらしく荒削りな部分もあるけれど、三人三様の想いが切ない話だった。次回作も楽しみ。
読了日:10月31日 著者:我鳥 彩子
ブラバン (新潮文庫)ブラバン (新潮文庫)
文庫化による再読。
読了日:10月30日 著者:津原 泰水
政宗様のお気に召すまま 花嫁御寮は求婚中 (コバルト文庫 な 13-7)政宗様のお気に召すまま 花嫁御寮は求婚中 (コバルト文庫 な 13-7)
天然系愛姫と政宗のラブコメ、とだけ割りきったら普通に面白いと思う。…ただ最上兄妹も好きな人間なので、全体的には「いやごめんちょっと無理です」という感じになった。
読了日:10月29日 著者:ながと 帰葉
バルサの食卓 (新潮文庫)バルサの食卓 (新潮文庫)
人にオススメしたついでに再読。文章と写真の合わせ技がとても卑怯。お腹が鳴る。
読了日:10月28日 著者:上橋 菜穂子,チーム北海道
風車祭 下 (角川文庫 い 51-7)風車祭 下 (角川文庫 い 51-7)
フジオバァ最強すぎる。
読了日:10月27日 著者:池上 永一
風車祭 上 (角川文庫 い 51-6)風車祭 上 (角川文庫 い 51-6)
読了日:10月27日 著者:池上 永一
アイゼンファウスト天保忍者伝 3 (KCデラックス)アイゼンファウスト天保忍者伝 3 (KCデラックス)
原作は未読ですが、漫画家の人がノリノリだということはよく分かる。どこまでが原作通りでどこまでがアレンジなのか。これよりは「地味」らしい原作が気になる。
読了日:10月26日 著者:長谷川 哲也,山田 風太郎
飽食終日 宴会奇譚飽食終日 宴会奇譚
読了日:10月25日 著者:南條 竹則
メロヴィング朝 (文庫クセジュ)メロヴィング朝 (文庫クセジュ)
読了日:10月25日 著者:レジーヌ・ル ジャン
アイハヌム〈2009〉加藤九祚一人雑誌アイハヌム〈2009〉加藤九祚一人雑誌
読了日:10月24日 著者:
15×24 link three 裏切者! (集英社スーパーダッシュ文庫 し 5-3)15×24 link three 裏切者! (集英社スーパーダッシュ文庫 し 5-3)
読了日:10月23日 著者:新城 カズマ
恋七夜 (集英社文庫)恋七夜 (集英社文庫)
読了日:10月22日 著者:安部 龍太郎
ストーム・ブリング・ワールド2 (MF文庫 ダ・ヴィンチ う)ストーム・ブリング・ワールド2 (MF文庫 ダ・ヴィンチ う)
大筋は変えないんだろうなあと思っていたから、意外な変更点に「おっ?」となった。そしてこの続きは読めるのでしょうか。
読了日:10月22日 著者:冲方丁
ドリコン!―異世界ツアーへようこそ (一迅社文庫 アイリス や 1-1)ドリコン!―異世界ツアーへようこそ (一迅社文庫 アイリス や 1-1)
中学生3人が繰り広げる異世界冒険もの(コメディ風味) 女の子分が絶望的に足りないのには涙したけれど、まぁまぁ楽しかった。
読了日:10月21日 著者:矢吹 ましろ
ブラック・ラグーン 9 (サンデーGXコミックス)ブラック・ラグーン 9 (サンデーGXコミックス)
無自覚に、しかしどっぷりと染まっているロックが印象的でした。今回最後に自分の今の在り方をつきつけられたことが、この先彼の内面に何か影響するのか否か。あと、張さんと姐御は今回も素敵だった。
読了日:10月21日 著者:広江 礼威
扇野 (新潮文庫)扇野 (新潮文庫)
読了日:10月20日 著者:山本 周五郎
星新一時代小説集〈地の巻〉 (ポプラ文庫)星新一時代小説集〈地の巻〉 (ポプラ文庫)
読了日:10月19日 著者:星 新一
女神の娘の恋歌 暁は伯爵、黄昏は魔王 (ビーズログ文庫 ひ 4-1)女神の娘の恋歌 暁は伯爵、黄昏は魔王 (ビーズログ文庫 ひ 4-1)
読了日:10月19日 著者:響野 夏菜
乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
異国情緒溢れる、とでもいうのか。丁寧に描きこまれた、中央アジア遊牧民たちの一昔前の生活習俗を楽しんだ。実家との関係も気になるけれど、あまり殺伐とした方向に流れないと良いな。
読了日:10月18日 著者:森 薫
新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)
文庫化による再読。
読了日:10月18日 著者:森見 登美彦
花散らしの雨 みをつくし料理帖花散らしの雨 みをつくし料理帖
1巻に引き続き、美味しそうな料理と思わずほろりとする人情が良い感じ。しかし、本格的にシリーズ化するならこの先の話をどう動かしどう落とすのか等、今のところ良作なだけに失速しないかと不安も感じてしまうんだよな…。まぁ、勝手に心配しても仕方がないので、とりあえずは3巻待ち。
読了日:10月18日 著者:高田 郁
迷宮街クロニクル3 夜明け前に闇深く迷宮街クロニクル3 夜明け前に闇深く
読了日:10月17日 著者:林 亮介
執事ときどき彼氏 (ティアラ文庫)執事ときどき彼氏 (ティアラ文庫)
読了日:10月16日 著者:春河 ミライ
信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)
史実ベースのギャグ四コマ。程よくユーモラスな内容で、しかし事前予想以上に「戦国物」していて真面目に読んでも面白い。
読了日:10月16日 著者:重野 なおき
世界の中心、針山さん 3 (電撃文庫 な 9-32)世界の中心、針山さん 3 (電撃文庫 な 9-32)
読了日:10月15日 著者:成田 良悟
少年テングサのしょっぱい呪文 (電撃文庫 ま 11-1)少年テングサのしょっぱい呪文 (電撃文庫 ま 11-1)
抑えてはあるけれど、牧野さんの持ち味はきっちり入ってると思った。最初の話も気になるのでどこか別レーベルででも是非。
読了日:10月14日 著者:牧野 修
新妻 (新潮文庫―剣客商売)新妻 (新潮文庫―剣客商売)
読了日:10月13日 著者:池波 正太郎
剣客商売〈5〉白い鬼 (新潮文庫)剣客商売〈5〉白い鬼 (新潮文庫)
読了日:10月12日 著者:池波 正太郎
天魔 (新潮文庫―剣客商売)天魔 (新潮文庫―剣客商売)
読了日:10月11日 著者:池波 正太郎
陽炎の男陽炎の男
読了日:10月11日 著者:池波 正太郎
イスタンブールの群狼 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ク 15-1)イスタンブールの群狼 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ク 15-1)
再読。トルコ料理が美味しそう…。
読了日:10月11日 著者:ジェイソン・グッドウィン
辻斬り辻斬り
読了日:10月10日 著者:池波 正太郎
幕末の動乱 (河出文庫 ま 8-3)幕末の動乱 (河出文庫 ま 8-3)
読了日:10月09日 著者:松本 清張
朱温 下 (朝日文庫 じ 8-2)朱温 下 (朝日文庫 じ 8-2)
『夕陽の梨』を読んだときは、この人の「その後」を書くのは難しいだろうなぁと思ったけれど、なかなか。五代を扱った貴重な小説ということで、楽しんだ。とそれにしても、私は晋王陣営が好きすぎる(李克用たちが活躍するたびにひゃっほうとなった)
読了日:10月08日 著者:仁木 英之
朱温 上朱温 上
『夕陽の梨』(学習研究社)を大幅加筆しての文庫化。…本当に大幅加筆だな。底本部分が上巻の半分にも満たないぐらいじゃないかこれ。
読了日:10月08日 著者:仁木 英之
赤い竪琴 (創元推理文庫) (創元推理文庫 M つ 4-2)赤い竪琴 (創元推理文庫) (創元推理文庫 M つ 4-2)
読了日:10月07日 著者:津原 泰水
眠狂四郎無頼控 (1) (新潮文庫)眠狂四郎無頼控 (1) (新潮文庫)
何度目かの再読。
読了日:10月05日 著者:柴田 錬三郎
御家人斬九郎 (新潮文庫)御家人斬九郎 (新潮文庫)
何度目かの再読。
読了日:10月05日 著者:柴田 錬三郎
初秋の剣―大江戸定年組 (二見時代小説文庫)初秋の剣―大江戸定年組 (二見時代小説文庫)
何度目かの再読。
読了日:10月05日 著者:風野 真知雄
殺しの四人―仕掛人・藤枝梅安〈1〉 (講談社文庫)殺しの四人―仕掛人・藤枝梅安〈1〉 (講談社文庫)
何度目かの再読。
読了日:10月05日 著者:池波 正太郎
剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)
何度目かの再読。
読了日:10月05日 著者:池波 正太郎
英語で手帳をつけてみる英語で手帳をつけてみる
How to本かと思ったら、どっちかというと単語&文例がメインだった。日々使っていれば、苦手意識の克服はできそうだなーと思ったので、ちょっと実践してみようと思う。
読了日:10月04日 著者:石原 真弓
yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌]yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌]
読了日:10月04日 著者:
雪迷宮 (幻狼FANTASIA NOVELS M 2-1)雪迷宮 (幻狼FANTASIA NOVELS M 2-1)
なんとも切ない恋物語。どうなるんだろうと思っていたら最後の仕掛けが。そう来るかと思うと同時に納得もした。
読了日:10月03日 著者:本宮 ことは
徳川家康 トクチョンカガン 下徳川家康 トクチョンカガン 下
どれだけ無茶苦茶やっても「まぁ荒山先生だからこれぐらいやるよね(*´∀`)」とかそんな一言で納得するのはどうなんだろうかと、我ながら思わなくもない。
読了日:10月03日 著者:荒山 徹
徳川家康 トクチョンカガン 上徳川家康 トクチョンカガン 上
読了日:10月03日 著者:荒山 徹
佐和山物語  結びの水と誓いの儀式 (角川ビーンズ文庫 68-3)佐和山物語 結びの水と誓いの儀式 (角川ビーンズ文庫 68-3)
読了日:10月02日 著者:九月 文

読書メーター

……こうして眺めてみると、10月新刊はこれと言って印象に残った本がない。『風車祭』とか、再読だしなぁ。
「みをつくし料理帖」は面白かったけれど、1巻よりはインパクト薄かったし。あ、巻末レシピ見て作った「忍び瓜」は美味しゅうございました。
コミックでは『信長の忍び』が予想してたよりも面白かったので、続きが楽しみ。あと『アイゼンファウスト』は作者の人がノリノリすぎると思いました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)