古都・甘味処巡り覚書(その十七)。

秋なので栗のお菓子を食べよう企画。「中村軒」で栗ちゃきんが始まったので買いに行ってきました。

「中村軒」栗ちゃきん 「中村軒」栗ちゃきん・断面

自家製シロップに漬けこんだ栗を裏ごしして作ったきんとんを茶巾絞りにしたものです。『秋期限定栗きんとん事件』で最期に小鳩君と小佐内さんが食していた栗きんとんもこのちゃきんと同タイプ……というか、一般的に「栗きんとん」と聞いて想像される栗きんとんはこの形だろうと思います。
こちらのお店のものは、軽く焼いてあるのが特徴かな。中にはつぶ餡が入っています。
しっとり甘く仕上げてある栗のきんとんと、意外と栗の味を邪魔しないつぶ餡の組み合わせ。栗あんのそぼろとはまた違った、やわらかい栗の風味を堪能できて実にうまうまな一品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)