古都・甘味処巡り覚書(その十)。

今宮神社まで足をのばして、名物・あぶり餅を食べてきました。
東門のそばで向かい合って営業している2軒のお店、「一和」と「かざりや」。「一和」は1000年、「かざりや」は400年以上の歴史があるそうで。
さてどっちから食べるかなーと思いながらお店の前を通りかかったら、ちょうど「一和」さんの客引きの声がかかったので先にそちらにふらふらと。
「一和」あぶり餅
ペロリと食べ終わってから今宮神社を参拝し、帰りは「かざりや」へGo。
「かざりや」あぶり餅
(画像がいつものごとくピンボケ……orz)

一応ライバル店(?)なのだと思われますが、一皿500円と値段も一緒で、黄粉を塗した小さなお餅を竹串に刺し、炭火で炙って白味噌ベースのタレをかけるあぶり餅のスタイルも一緒。柔らかいお餅にほんのり香ばしいおこげが良い感じのアクセントになっています。
ただ、タレの味はやはり微妙に違う。個人的には、一和のタレはあっさりほのかな甘み、かざりやのタレはより白味噌の味が強く出ているように感じるかな。どちらのほうが好きかは……まぁ、好みでしょう。私は両方とも美味しいと思うし、両方好きですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)