『マーベラス・ツインズ契4 貴公子の涙』[古龍/GAMECITY文庫]

 『絶代雙驕』邦訳第7巻。「江小魚を殺せ」という命令に疑問を覚え、師に理由を問うべく移花宮に戻った花無缺。2人の戦いを止めたいと願う鉄心蘭も移花宮を訪ねていたが、邀月宮主・憐星宮主は共に不在で目的は果たせず、さらに突然の敵襲に対することになる。一方、育ての親の十大悪人たちを助けるために亀山へ向かった小魚児。十二星相の一人・魏無牙の住処に踏み込んだ彼は、相変わらずの機転に加えて思わぬ助力も得て難局を乗り越えていく……というような展開。原書の91章まで消化。

 物語はすでに折り返し地点を過ぎ、そろそろ双子の捻じれた運命やさまざまな思惑など、これまでの伏線が収束を……とか言えればいいんですけど。既存の登場人物は勿論、この期に及んでまた追加された登場人物たちがそれぞれひっかきまわし、さらに二転三転を繰り返し、時には思わぬ方向に進んでいく展開は、本当にあと少しで終わるのかこれ、という勢いです。特に今回初登場組は、魏無牙の養女にして医者の蘇桜を筆頭に、一筋縄でいかない人が多かった上に、主なターゲットになるのが清廉潔白の代名詞ともいえる花無缺で。武芸では劣らずとも、搦め手から攻められて命の危機に陥っていく彼には、先を知っていてもハラハラしました。小魚児も小魚児で危うい場面は何度もあるのだけれど、こいつなら大丈夫だろうと思わせる雰囲気があるので、そういう意味では彼の場面は安心して読めるんですよねー。……そういや、女の敵な江玉郎は今回もその下劣さを披露してくれるので、随所でむかつきました。それだけに、蘇桜の例の行動はすっきりしたというか、GJ!と思ったです。

 また、若者たちの恋愛模様も大小様々に動いてます。大きいところでは、やはり蘇桜の登場でしょう。ただの自信家&高飛車な女の子かと思いきや、p.251-252にかけてのきっぱりはっきりした発言や一筋縄でいかない数々の行動、そして小魚児と舌戦で対等に渡り合うなど、今までのヒロインたちとはちょっと違った魅力が素敵です。あと、今回もまた切なかった花無缺の鉄心蘭への一途な愛の描写。しかし、これまでは花無缺からの一方通行でしたが、今回は江玉郎に襲われそうになった鉄心蘭が無意識に花無缺に助けを求める等、彼の想いが少なからず報われたような場面もあってニヤニヤ。一方、玉郎に良いように扱われて傷つきながらも彼に従う鉄萍姑は、気の毒ではあるんだけど……一応同性の身としては、馬鹿だなぁと思ってしまう部分もあるというか。お嬢さん、目を覚ましませんかぐらいは言いたくなってしまいますな。

 さて、残すところあと36章。再度シリーズタイトルも変更して、物語はいよいよクライマックスへ……って、ケータイ配信って何だーっ!(注:巻末予告情報) うぅ、電子版から間隔が多少開いてもいいから、紙媒体でもちゃんと発売してくれるよなぁと不安を抱きつつ、とりあえず続報を待ちたいと思います。…………いざとなったら直接問い合わせてやる(目が本気)

作品名 : マーベラス・ツインズ契4 貴公子の涙
    【 amazon , honto
著者名 : 古龍(川合章子:訳)
出版社 : GAMECITY文庫(コーエー)
ISBN  : 978-4-7758-0676-0
発行日 : 2008/12/18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)