『アンゲルゼ 永遠の君に誓う』[須賀しのぶ/集英社コバルト文庫]

 人類と異種知性体「アンゲルゼ」の戦争に否応なく参加させられた少年少女たちと、彼らに関わる人々の繰り広げる物語、第4巻にして完結巻。

 当初の予定よりも短縮されたということで、まさか須賀さんに限ってはないと思うけど無理矢理エンドマークをつけてしまうんじゃないだろうかと勝手に心配していたのですが、まったくの杞憂でした。女神伝終盤並のページ&文字数+本文イラストなしというコバルトでは他に類をみないほどの物理的圧縮に加え、(おそらくシーンを丸ごと削ったりもしつつ)伏線回収&設定開示の大量投入からくる内容密度の濃さで、見事に物語に区切りをつけた須賀さんに敬礼。

 この巻の内容を大雑把にまとめて表現すると、陽菜をはじめとする多くの登場人物たちにとっての揺籃期の終焉、というところでしょうか。まさに怒涛のようとしか表現できないような展開の連続で、最初から最後まで堪能。しかし、1冊に内容を詰め込んだために、どうしても駆け足になってるなーと感じるところもあり。やっぱり、本来の予定通りの巻数で読んでみたかったな、と悔しく思いました。具体的に上げるとネタばれになるので詳しくは書きませんが、有紗の最期や戦争の背景、それに陽菜の階級などある程度予想できたものから、ロンの関与とか敷島周辺の人物関係とか予想外なことも多々。予想外といえば、本当に異種族なんだな、と思わされたアンゲルゼ(というかマリア)の思考回路もそうだったかもしれない。2~3巻では微笑ましく感じてたやりとりも、いま読み返すと印象が変わるだろうなぁ。
 陽菜が一時自宅に戻ったところは、多分、これが最後の猶予なんだろうと簡単に推測できるだけになんともいえない気持ちを抱きつつ、覚野との甘酸っぱいやりとりでニヤニヤしたり母親との会話でしんみり涙したり。……そして、止めとばかりに昼間の自分の行動思い返してうだうだ転がってるもーちゃんの姿にニヤニヤした直後、ついに訪れたその場面は……もう本当に、どうしようもないことだったのだろうと分かっていても、切なくて哀しくて、仕方がなかったです。万感の想いが込められた陽菜の別れの言葉と、絶望的なまでに遠くなった距離にそれでもあきらめず叫ばれた覚野の誓いに、泣きました。あと、「俺の娘」とか「お父さん」とかもちょっと反則だと思う……(←思い出してまたいろいろとこみあげてきてる)

 最後まで読みきると、物語的には一区切りついていることは確実だしこれで完結といわれても納得はできるのですが。その一方で、想像の余地がたくさん用意されているだけに、エピローグの先の物語――目覚めたという眠り姫のことや壮年の男女が過去と折り合いをつけて連れ添う姿、そして何よりも彼女がどの程度記憶を留めているのか、まっすぐに彼女を追いかける彼の手が届くのか、二人が寄り添えるようになるのか――をあれこれ思い描いてしまいます(つーか、普通に第二部が展開できそうだよなーこれ) もはや先のことが語られることがないのは非常に残念ですが、これからもそれぞれの場所で戦い続けていく彼らの物語に、少しでも幸せな結末が訪れてくれることを祈らずにはいられません。

 最後に作品に直接関係のない独り言なんですが。あとがきの文章、妙に意味深に感じたのは深読みし過ぎですかね……。

作品名 : アンゲルゼ 永遠の君に誓う
    【 amazon , honto
著者名 : 須賀しのぶ
出版社 : 集英社コバルト文庫(集英社)
ISBN  : 978-4-08-601239-3
発行日 : 2008/11/28

“『アンゲルゼ 永遠の君に誓う』[須賀しのぶ/集英社コバルト文庫]” への1件の返信

  1. ピンバック: 流転屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)