『悪魔のソネット 美形悪魔は契約しない!?』[栗原ちひろ/角川ビーンズ文庫]

 先日「オペラ」シリーズが無事完結となった栗原ちひろさんの新作。帯に逆ハーの文字が踊っていたり挿絵が新條まゆさんだったりと、「オペラ」の対極を行くような諸々にちょっと怯えつつ手に取ってみた。

 読んだ感想としては、王道な少女小説的ファンタジーだなーという感じ。美形嫌いなヒロインの旺盛すぎる好奇心やなんやかんやからくる行動とか、やる気のない悪魔+αの漫才じみたやりとりとかは、よくあるといえばそうだけどやっぱり楽しかったし、シリアスな場面での雰囲気や会話も悪くなかったし。まぁ、新シリーズの1冊目としては、普通に面白かったというところ。無意識に「オペラ」の濃さを期待していたらしく、普通すぎてちょっと拍子抜けしてしまいましたが、それはこっちの勝手ですしねー。

 「オペラ」シリーズも最初はそんなに「面白い!」と思っていたわけではないから、こちらも展開が進んでいけばまたあれこれ裏設定とかが出てきて盛り上がるかも、という期待はもちろんあります。 その一方で、(少なくとも表面的には)ゆるめというか明るめ?な今の雰囲気のままで進むのも、それはそれで面白そう、とも思うし。とりあえず、続巻も購入しようとは思ってます。

作品名 : 悪魔のソネット 美形悪魔は契約しない!?
    【 amazon , honto
著者名 : 栗原ちひろ
出版社 : 角川ビーンズ文庫(角川書店)
ISBN  : 978-4-04-451409-9
発行日 : 2008/10/1

“『悪魔のソネット 美形悪魔は契約しない!?』[栗原ちひろ/角川ビーンズ文庫]” への1件の返信

  1. ピンバック: BL覚え書き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)