『マギの魔法使い 魔女たちは恋愛中!』[瑞山いつき/角川ビーンズ文庫]

 それぞれの事情から、世界を統べる「ウィザード」のいる都・マギを目指して旅をする白魔女見習いの少女エメラルドと仲間たちの物語、第4巻。

 今までは一見逆ハーなのに糖度が低い展開が続いていたのですが、この4巻は一体何が起こったんだと言いたくなるぐらいらぶ度が高くて、砂吐くかと思いました。
 糖度上昇の最大の原因は言うまでもなく、いままでエメラルドに対して冷淡な態度を崩さなかったウォレスが、いろいろあってついに落ちたためなんですが。それにしても、今回彼がとった一連の行動や動揺の数々には、あんたいちいち極端だな、と思わずツッコミいれてしまいました(苦笑) そんなこんなでウォレスルートが確定しつつある一方、どうしても可哀そうなことになってしまいそうなのがラグナで……まぁ、めげずに頑張れ若者(適当) 他、今回ゲストのウィザード候補とその恋人の黒魔女のバカップルぶりと近いうちに訪れる別れのときを覚悟した切ない関係も良かったです。この二人の選択もまた一つの答えなのでしょうが、エメラルドとウォレスは一体どんな答えを出すのかな。

 いろいろ先行き不安な情報や展開にやきもきさせられますが、最終的にはきっとハッピーエンドになるに違いないと勝手に信じて、次の巻を待とうと思います。

作品名 : マギの魔法使い 魔女たちは恋愛中!
    【 amazon , honto
著者名 : 瑞山いつき
出版社 : 角川ビーンズ文庫(角川書店)
ISBN  : 978-4-04-449714-9
発行日 : 2008/9/1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)