『柳生忍法帖(上) 山田風太郎忍法帖9』[山田風太郎/講談社文庫]

 山風忍法帖ファンの間でも特に人気のある『柳生忍法帖』、前編。十兵衛三部作の1作目という言い方もありですね。ともあれコミック版完結記念というわけで、原作再読。

 暴虐の限りをつくす会津藩主・加藤明成と袂を分かった家老・堀主水とその一族。怒り狂った明成は、一騎当千の武芸の達人であり懐刀でもある「会津七本槍」に命じ高野山に逃れた堀一族の男を捕らえさせる。さらに「七本槍」は男子禁制の東慶寺に押し入り、寺に預けられていた堀一族の女たちまでも虐殺。あわや全滅というところで偶然参拝に訪れた千姫によって7人の女のみが難を逃れたものの、江戸に送られた男たちもほどなく惨殺されてしまう。復讐を誓う7人の女たちだが、武家の娘とはいえか弱い女でしかない彼女たちには仇討ちなど夢のまた夢。千姫に相談を持ちかけられた沢庵和尚は、柳生十兵衛を彼女たちの指南役として推薦する――というのが、物語の導入部分のざっくりしたあらすじ。ちなみに、「忍法帖」シリーズに分類されているけれど、実はあまり「忍法」が登場しないという特徴もあったりする。

 『柳生忍法帖』と銘打たれているものの、作中における十兵衛の役割に女たちの指南役であり軍師役であるという制約がついているのが面白さの一要因になってます。十兵衛自身が相手をするなら楽勝……とまではいかなくても十二分に渡り合えるけれど、女たちの手で仇討ちを成し遂げさせなければならないというわけで、女たちを鍛錬する一方で、あれこれと手を打って「勝てる」状況を作り上げていくのですが。明成と「七本槍」も陰険な反撃をしてきたり悪逆無道ぶりを事あるごとに発揮してくれたりする以上、常に思い描いたように事が運ぶということはなく、絶体絶命の危機に陥ることもたびたび。その絶望的な状況をどう覆していくのか、先の読めない展開に文字通り目が離せなくなってしまいます。
 また、十兵衛の指導は受けているものの達人には程遠い腕前でしかない堀の女たちが、しかし智慧を巡らし互いに連携することで、超絶的な腕前を誇る「七本槍」の隙や油断を突いて斃していくという展開はなかなか爽快。一方、堀の女たちの仇である「七本槍」は……明成が駄目すぎるので余計な苦労を強いられて実力が発揮できてるんだかなんなんだか状態になってしまうこともしばしばで、ほんのちょっぴりぐらい気の毒になったりしなくもないんですが、まぁ為した所業を思えばやっぱり同情の余地はないかとすぐに思い直したり(鬼)

 多くの犠牲を出しながらも仇敵を追い詰めていく堀の女たちは、無事本懐を遂げることができるのか。明成の本拠地・会津に戦いの舞台が移すこの先、どのような戦いが繰り広げられるのか。いろいろ期待を煽られつつ、物語は下巻へと続きます。

作品名 : 柳生忍法帖(上) 山田風太郎忍法帖9
    【 amazon , BOOKWALKER , honto
著者名 : 山田風太郎
出版社 : 講談社文庫(講談社)
ISBN  : 978-4-06-264607-9
発行日 : 1999/6/15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)