読書の夏。

deltazulu様のこちらの記事で知った「読書の夏」。読書感想は一応うちのメインなわけだし、わざわざ参加するのはあれかなーと思ったりもしたのですが、いくらなんでも傾向が違いすぎるとかもろもろの理由で普段は感想を書いてないような本を短文紹介してみるのも良いかもしれないと思い直して参加することにしました。
以下、読書予定リスト。

『トルコ狂乱 オスマン帝国崩壊とアタテュルクの戦争』[トゥルグッド・オザクマン(新井 政美:監修、鈴木麻矢:訳)] → 2008.07.28 感想追加
『納得しなかった男 エンヴェル・パシャ中東から中央アジアへ』[山内昌之] → 2008.07.30 感想追加
『わたしの名は「紅」』[オルハン・パムク(和久井路子:訳)] → 2008.09.26 感想追加
『イスタンブール 世界の都市の物語』[陳舜臣] → 2008.09.26 感想追加
『コンスタンティノープルの陥落』[塩野七生] → 2008.09.26 感想追加
『復讐、そして栄光(上・下)』[赤羽尭] → 2008.09.26 感想追加
『鹿洲公案 清朝地方裁判官の記録』[藍鼎元(宮崎市定:訳)] → 2008.07.25 感想追加
『馮道 乱世の宰相』[砺波護] → 2008.09.09 感想追加
『アンベードカルの生涯』[ダナンジャイ・キール(山際素男:訳)] → 2008.07.21 感想追加
『同日同刻 太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日』[山田風太郎] → 2008.08.24 感想追加
『百年の亡国』[海道龍一朗] → 2008.09.26 感想追加
『神無き月十番目の夜』[飯嶋和一] → 2008.08.01 感想追加
『ふたり道三(上・中・下)』[宮本昌孝] → 2008.08.05 感想追加
『野望将軍(上・下)』[笹沢左保] → 2008.08.19 感想追加
『宇喜多直家 秀吉が恐れた希代の謀将』[黒部亨] → 2008.09.26 感想追加
『破壊の女神 中国史の女たち』[井波律子] → 2008.09.26 感想追加
『東洋文庫ガイドブック』 → 2008.09.15 感想追加
『人間臨終図巻(全3巻)』[山田風太郎] → 2008.07.23 感想追加
『英仏百年戦争』[佐藤賢一] → 2008.09.26 感想追加
『青猫屋』[城戸光子] → 2008.08.19 感想追加
『鬼の橋』[伊藤遊] → 2008.09.26 感想追加
『鏡のなかの鏡 迷宮』[ミヒャエル・エンデ(丘沢静也:訳)] → 2008.09.26 感想追加
『漂泊の王の伝説』[ラウラ・ガジェゴ・ガルシア(松下直弘:訳)] → 2008.09.26 感想追加
「ローマン・ブリテン」4部作[ローズマリ・サトクリフ(猪熊葉子:訳)]

……歴史関係に偏り気味なのはご愛敬。また何か思いついたら随時追加するかも。
期間はとりあえず~9月30日までにしておきます。さて、何日で消化できるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)