『ヴァン・ショーをあなたに』[近藤史恵/創元クライム・クラブ]

 下町のフレンチ・レストラン「ビストロ・パ・マル」を舞台に、お客たちが遭遇したちょっとした事件や出来事をシェフの三舟氏が解きほぐしていく、日常の謎系ミステリ短編集第2巻。今回は雑誌収録の5編に、書き下ろしで三舟氏がフランスで料理修業中だったころのエピソード2編を加えた計7編収録。

 1巻目に引き続き、さっくり読めて普通に楽しかったです。ただ、今回はほろ苦感やもやもや感のある話が多かったような気がしなくもない。なんというか、あっさり軽めだと思って注文した料理が、思っていたよりも重めだったみたいな感じというか。もうちょっとすっきり気楽に読める話だとなお良かったのになぁというのは、単に自分の好みの問題ですけどね。そんなわけで、今回収録されている話では「ブーランジュリーのメロンパン」と、表題作にもなっている「ヴァン・ショーをあなたに」の2編が、途中の展開もあまり重くはないし読後感も良いしでお気に入り。
 あ、作中の料理は相変わらずとても美味しそうでした。それだけに、お腹が減ってるときに読むととても危険な予感。

 創元のサイトでシリーズ扱いされているということは、3巻以降も予定されているのでしょうか。だとしたら、ちょっと楽しみです。

作品名 : ヴァン・ショーをあなたに
    【 amazon , BOOKWALKER , honto
著者名 : 近藤史恵
出版社 : 創元クライム・クラブ→創元推理文庫(東京創元社)
ISBN  : 978-4-488-02529-8 → 978-4-488-42705-4
発行日 : 2008/6→2015/2/27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)