『七姫物語 第五章 東和の模様』[高野和/電撃文庫]

 先王の隠し子という巫女姫を擁する七都市が並び立つ地、東和。七番目の姫として擁立された少女・空澄(カラスミ)を中心に移りゆく時間や世界を描いた物語、第5巻。

 独特のゆるりとした雰囲気はそのままでしたが、その実ものすごくいろんな事が堰を切ったように動いたんじゃなかろうかという気が。一宮と二宮の間で本格的に戦火が交えられたり、そこに中原から亡命してきた一団が大きく関わってきたり、中央の争いを横目に四都市同盟の締結があったり、そして意外な人が戻ってきたり。さまざまな流れを受けて、最終的に東和の地にはこれまでとは異なる勢力図が形作られることになりましたが。時代の流れは、このまま大勢力……一宮か二宮か、それとも彼女たちを担ぐ人々の望むように推移していくのか。七宮を担ぐ二人組がまだまだひっかきまわしていくのか。続きがなんとも気になるところ。
 登場人物では、一宮・黒曜と七宮・空澄についてはこれまでと大きく印象が変わることはありませんでしたが、それ以外の宮姫たちは結構印象が変わったような。三宮・常盤はなんだかんだ言っても面倒見の良いしっかりもののお姉さんという感じだし、五宮・浅黄と六宮・萌葱は案外しっかりと現実を見てできるなりに動こうとしているんだなーと、それぞれに好印象。二宮・翡翠は、描写の端々からまぁ悪い娘さんじゃないんだろうなぁとは思いますが……でもやっぱり苦手なタイプではある。つーか、彼女個人がというより「真都同盟」が苦手なんだろうなぁとぼんやりと思った。そして、期間限定とはいえ請われてかつての場所に戻った彼女の描写は、挿絵の微笑みと合わせて胸に沁みました。

 さて。そろそろ東和の騒乱も終わりが近づいてきたような雰囲気ですが、箱庭での争いに幕が引かれるその時に、空澄をはじめとする宮姫や彼女らとともに時を過ごしている多くの人々の前にはどのような世界が姿を現すことになるのか。あれこれ想像しながら、続編をのんびりと待ちたいと思います。

作品名 : 七姫物語 第五章 東和の模様
    【 amazon , BOOKWALKER , honto
著者名 : 高野和
出版社 : 電撃文庫(メディアワークス)
ISBN  : 978-4-04-867018-0
発行日 : 2008/4/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)