桜庭一樹さん、第138回直木賞受賞。

ファミ通&富士ミス時代を思えば意外なような、一般進出後の諸作品(傾向的に好きか嫌いかはともかく)を思えばそうでもないような。
受賞作となった『私の男』は、書評&感想サイトでもおおむね好評でしたしねー。
……まぁ、出版社が文春なのでその辺のアドバンテージも多少はあっただろうけど(←直木賞に対する偏見)
ともあれ、おめでとうございます。この作品、なんとなく未読になっているのだけど、そのうち読んでみようかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)