『北宋風雲伝 15』[滝口琳々/プリンセスコミックス]

三侠五義をベースにした少女マンガ、15巻目。着々と進行中の謀反計画を巡り、登場人物それぞれが動き出しています。

主役カップル周辺はもうこの際どうでもいいとして(酷)、気になるのは謀反の行方と、某登場人物の生死かなぁ。いやだって、彼、原作では……だし、ねぇ? 準主役扱いだし、少女マンガだし、原作とは違う展開になってる部分も多々あるし、その辺は上手いこと処理するつもりなのかなぁとは思いますが……。ここでそんな甘い予想を裏切って原作どおりの結末を迎えさせたら、それはそれで感心するかも。

さて、カバー折り返しのコメントによれば、あと1冊で完結だそうで。一体どういう具合に幕を引くことになるのやら。

作品名 : 北宋風雲伝 15 【amazonbooplebk1
著者名 : 滝口琳々
出版社 : 秋田書店(プリンセスコミックス)
ISBN : 978-4-253-19390-0
発行年月 : 2007.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)