金庸以外の武侠小説。

『秘曲 笑傲江湖』文庫版発売以降、微妙に話題になったりしてる武侠小説。ネットを彷徨ってもなかなか同好の志が見つからず、一人寂しく武侠迷してた身としては嬉しい限りですが、金庸以外の諸作品は日本では入手困難なのでやっぱり気軽にオススメするのは難しいよなーとも思ったり。
現地ではどのあたりが人気あるのかまでは分かりませんが、金石堂の書籍分類を見るだけでも、いろいろ作品はあるようなのですけどねぇ。古龍や梁羽生ですら不遇な現状で、これらが邦訳される日が来るのかどうか(溜息)
え、私は新規開拓しないのかって? 面白そうかなーと目をつけてる本はありますが、まず古龍全部読めて、梁羽生にも手をつけることができてから考えます。……何年かかることやら(←致命的に語学オンチ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)