『戦国BASARA2英雄外伝』購入。

本編NPC3名のストーリーモード(全5ステージ)追加とか、PC4名+サプライズ(?)のNPC1名の外伝モード(全3ステージ)追加とかは割とどうでもよく、今回からNPC参戦した松永弾正目当てで購入。……我ながら、その趣味はどうなんだと思わなくもない。

とりあえず、松永登場が確定している片倉小十郎のストーリーモードから遊んでみる。
シナリオの感想としては、奥州主従の絆は強かったの一言で話が終わってしまうのですが。えーと、ラストで政宗が駆けつけてきたあとBGMが変わるのは良い演出だと思いました。
目当ての松永は、今までBASARAにいなかった正統派の悪党という感じである意味新鮮だった(信長とか光秀はアレだしね……)
そして、ラストステージが大仏殿炎上だったり最後にきちんと爆死させたりするあたり、開発スタッフは押さえるツボを分かってるなーと思いました。
あと、三好三人衆に思わず爆笑。いいのかこんなネタ要員&下っ端扱いで。まぁBASARAだし何でもいいか(適当)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)