台湾旅行@3度目・その2。

台湾旅行2日目。興味のある人だけどうぞ。

午前中はもはやお馴染みとなった市内観光コース巡り。この日もあいにく天気があまり良くなく(時折小雨)、忠烈祠の衛兵交代は簡略Verだったのが少し残念。……まぁ、2回も見てるんだからもういいだろうという話もありますが。
故宮博物館は3度目。数年続いていた改装工事も終わり、今年の2月からいよいよ本館が全面一般開放されたということで楽しみにしていたのですが、ツアー旅行の悲しさでゆっくり見物する時間がない(涙) とりあえず、次回は個人旅行でゆっくり来ようと心に決めました。でも、その場合は分館完成(2008年予定だっけ?)まで待ったほうがいいよな……(←またそんなにすぐ行くつもりだったのかお前)
中正紀念堂改め台湾民主紀念館にも行ってきましたが、以前は普通に見物できた蒋介石の像は現時点ではもう見れなくなってました。歴史・政治の絡んだ問題だけに難しいなぁ、としみじみ。
そんな感じで定番コースを巡った後は自由行動時間。といっても、なんだかんだで時間が結構遅くなってしまったので、ホテルから比較的移動が容易なところを見に行こうという話になり、龍山寺に出かけることに。……個人的に、一度は観にいきたかったので、密かに誘導したというのは秘密です。
で、龍山寺。前回行った行天宮もそうですが、熱心にお参りしている人が多くて、まず雰囲気に圧倒されます。ガイドブックに「神様のデパート」と記載されているとおり、一応仏教寺院のはずなのに道教の神さまも多数祀られているのが、面白い。見よう見まねでお参りしてきましたが、何かご利益あるといいな。

ホテルに戻った後、ゆっくりくつろぐ家族を残して、火鳳燎原を入手するため、台北駅近くの重慶南路(書店街)にお出かけ。目的物を首尾よく入手したあとは、小説コーナーを冷やかし。酒見賢一作品とかもし翻訳されてたら購入しようかと思ったのですが、発見できず。無念。
ライトノベルコーナーは、どういう作品を選んで翻訳してるのか、その基準が良く分からないなーと思いつつ眺めてきました。つーか、(見つからなかっただけかもしれないけど)流血女神伝とかBBBは翻訳してないのか……面白いのに……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)