『恋語り 緋風の蝶』[青目京子/講談社X文庫ホワイトハート]

 中世日本風異世界を舞台にした、貴族の姫君と武士の総領の跡取の恋物語。あらすじ読んでなんとなく好みっぽいので手を出してみた。

 タイトルやあらすじから想像していたよりも、わりとハードな話でした。悪役がいっそ気持ちがいいほど外道なので自然とヒロインたちに肩入れしてしまうのもありますが、それを差し引いてもヒロインの早子は作中でも1,2を争うほど散々な目に遭わされて気の毒というか、なんというか……。

 まぁでもらぶ方面は悪くなかったし、ラストは望める範囲で可能な限り丸く収まったこともあり、読後感はそう悪くはなかったです。

作品名 : 恋語り 緋風の蝶
    【 amazon , honto
著者名 : 青目京子
出版社 : 講談社X文庫ホワイトハート(講談社)
ISBN  : 978-4-06-255970-6
発行日 : 2007/6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)