『旋風天戯 ~悪夢は秘かにやってくる~』[瀬川貴次/集英社コバルト文庫]

 神仙の末裔である少女・芦笙と、呪いによって妖魅へと変化しつつある青年・貴琅。「出会ってはならない」二人の出会いからはじまった、中華風異世界ファンタジー3巻目。

 睡虎との戦いで深手を負った一行は、病や傷に聞く霊水が湧くという霊水池を訪れるが、そこでまた騒動が起こり……という内容。今回彼らと対峙した妖魅はこれまでと比べて小物であったためそちら方面はやや物足りなさがありましたが、その不足分を補うように登場人物たちの関係や互いへの意識が見えてきて、また別の面白さがありました。なにより貴琅の心境の変化は、いろんな意味でニンマリしてしまいました。あと、王道らぶ万歳。
 で、直接対峙した妖魅よりも得体の知れなかったあの人。普通に考えたら、やっぱり……なのかなぁと思いますが、それにしてもこれからどういう風な展開をみせるのか、続巻が気になるところです。

作品名 : 旋風天戯 ~悪夢は秘かにやってくる~
    【 amazon , honto
著者名 : 瀬川貴次
出版社 : 集英社コバルト文庫(集英社)
ISBN  : 978-4-08-601044-3
発行日 : 2007/6

“『旋風天戯 ~悪夢は秘かにやってくる~』[瀬川貴次/集英社コバルト文庫]” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)