台湾に行こう・その3。

台湾旅行最終日。興味のある方のみ続きをどうぞ。

前日とほぼ同じ時間に起床。朝食を食べながら午前中の目的地確認し、さて出かけようと部屋に戻ったはいいものの。
…………嗚呼、荷物まだ全部片付けてなかったんだっけ(遠い目)
お土産などを必死に詰め込み、予定より30分ばかり遅れて出発。目的地は行天宮。前日にガイドさんに行き方を書いてもらったから、今日は問題なく到着できる……はず。
まずはホテルの前にあるはずのMRTの駅に行こう、というわけで「こっちの方か?」と数歩歩いたところでIちゃん。

Iちゃん:「ねぇ、あっち(逆方向)に見えるの、あれ駅じゃない?」

……駅でした。最初からこれで大丈夫なのか、と思いつつ駅へ。しかし、駅までたどり着けばこっちのもの。乗り換えも一度あったものの、さほど迷うことなく目的の駅へ到着。で、ここから行天宮まではどう行ったらいいのか、と駅に備え付けの近辺地図を見る。……あれ、結構遠いように見える。

私:「あ、ガイドのお姉さん先に免税店(ツアーの両替場所にもなってる)に行くコース書いてる」

また迷うのも嫌だったので素直にタクシーを捕まえ、数分後無事到着。お寺っていうから、まぁ中国風の建物ではあるんだろうけど京都の寺みたいな雰囲気なんだろうと想像していたら。

Iちゃん:「な、なんか物凄い数の人が熱心にお参りしてるよ?」
私:「私たち、ここで観光なんてしてていいのかな」

なんか場違いのような気がしておろおろしてたら、近くの人がお線香をくれたので、見よう見まねで参拝してみる。
そのまましばらく参拝を続けたものの、いつまで経っても読経が終わる気配もないし、そうこうしてるあいだにそろそろ時間がーというわけで途中退席。次回行くことがあったら、もうちょっと作法とか勉強してこよう。

その後、またもや本屋に特攻したり(今回は古龍の楚留香1作目、見つかりました!)免税店で買い忘れていた分のお土産を買ったりしてから、空港への送迎集合地点になってるホテルへUターン。……ちなみに、このとき乗ったタクシーは、これまでで一番運転が荒くてちょっと死を覚悟しました。私、間違ってもこの国では運転できないな。

あとは、食事後空港へ。出発まで免税店を覗いたりIちゃんに『火鳳』の解説をしてみたりして過ごしたぐらいで大きなネタもなく無事帰国。
私とIちゃんのなけなしの名誉のためあまりにも馬鹿すぎる失敗談などは省いたため、さほど面白みのない旅行記になったような気もしますがまぁこれはこれで(適当)
また『火鳳』の単行本が溜まったころに遊びに行きたいものですが、次は完全にフリープランで行ってみたいかなー(←結構はまってる)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)