『ユーフォリ・テクニカ 王立技術院物語』[定金伸治/中央公論新社・C☆NOVELS FANTASIA]

 これまで集英社でシリーズ2作品及び読みきり2作品を発表されていた作者氏の新作。19世紀の欧州をモデルにした架空世界で、「水気」という技術を用いた花火を作り出すため、差別や妨害にも負けず悪戦苦闘する研究者たちの物語。

 読んでいてわくわく楽しくなってくる話でした。中でも楽しかったのは、やはりメインヒロインのエルフィールの暴走ぶり(笑) 喜怒哀楽が激しく、奇声を上げて走り回ったり円周率を唱えだしたり……最初はどんなヒロインだと思いましたが、彼女の研究に対する熱意と真摯な姿勢には好感。彼女の指導教官となるネルも、普段はちょっと頼りなさそうな印象ながら、差別を受けても表面上は飄々としていたり研究者としてネルを信頼している描写など、場面場面で良いところを押さえているおかげで最終的には結構格好良い人だなーと思いましたし。他のキャラもそれぞれに個性的かつ魅力的。敵役のシューゼルも、主義主張からエルたちとは相容れないだろうけど結構格好良いと思うし。
 キャラの魅力もさることながら、話そのものも面白かった。私は文系の人間ですしエルたちのそれとは少なからず質など違うことと思いますが、それでも共通項は多そうな研究への熱意には共感を覚えましたし、様々な妨害にも負けずに研究を続けようとする姿は応援したくもなりました。

 最後は1話完結と言われても納得できるぐらいまとまっていますが、賑やかになってきたネルの研究室が次はどのような研究成果を生み出すのか等いろいろ気になりますし、先の話もまた読みたいなーと思います。

作品名 : ユーフォリ・テクニカ 王立技術院物語
    【 amazon , BOOKWALKER
著者名 : 定金伸治
出版社 : C☆NOVELS FANTASIA(中央公論新社)
ISBN  : 978-4-12-500966-7
発行日 : 2006/12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)