嗚呼、無情。

続刊がいつか発売されることを信じていたコバルト文庫の「癒しの手のアルス」シリーズですが、どうやら打ち切りを喰らったことが確定(鬱)
えーと、あれってかなりとんでもない場面(個人的認識ではDクラ3巻のヒキと同レベル)で終わってるのですが、救済措置なしですか……?
わーん、この際どんな駆け足展開でもいいからちゃんと完結させてよー。あと1冊ぐらい作者さんに書かせてあげてよー。コバルト編集部の意地悪ー。
こうなったらビーンズとかB’s-LOGとかルルルとか、とにかくどこかに移籍して、なんとか続きを書いて欲しいと思いますが、コバルトってよっぽどの人気作家でもない限りそういうのに厳しいしと朝香さんで実証済みだし。でもやっぱり読者としては続編を望んでしまうのですよ(T_T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)