『銃姫8 ~No Other Way to Live~』[高殿円/MF文庫J]

 「銃姫」8巻目。あとがきではあと1巻で完結する予定みたいなことが書いてありましたが、それは多分無理だと思う。

 今巻は、主役周りよりもチャンドラースとジュディットの戦いが印象的。かつては恋人同士でったものの、今は刃を交える仲となった2人。互いのことを知り尽くした二人が指揮する戦闘は、予想以上に迫力があり面白かった。そして、「何故惹かれあったのか」という言葉が切ないですね……。
 一方、セドリックも遂にエルの正体やお屋敷の惨劇の真相を知ることに。セドリックがエルを拒絶しなかったのにはほっとしましたが、彼女に掛けた言葉は届かず……。彼女との再会がどのような形になるのか、楽しみなような怖いような。あと、最後になってアンにもピンチが。こちらの動向も気になります。

 そして、今回もとんでもないところで以下続刊。この状況で、次巻はどんな展開が待っているのか、楽しみです。……独り言を言えば、そろそろシリーズ当初の目的にも動きが見えて欲しいところですが、これはどうなることやら。

作品名 : 銃姫8 ~No Other Way to Live~
    【 amazon , BOOKWALKER
著者名 : 高殿円
出版社 : MF文庫J(メディアファクトリー)
ISBN  : 978-4-8401-1743-2
発行日 : 2006/11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)