『陸小鳳伝奇3 決戦前後』[古龍/早稲田出版]

江湖に数多存在する剣客侠客の中でも、とりわけ際立った腕を誇る西門吹雪と葉孤城。この二人の果し合いが行われることになり、多くのものがどちらが勝つかの賭けに熱狂する。 一方、様々な思惑が錯綜する中で起こった怪事件から、この決闘には何か裏があると睨んだ陸小鳳は捜査に乗り出すが……。

 「陸小鳳」シリーズ第3巻。ちなみにこの話は映画化されてますね。もっともアレはいろいろ脚色等施されて原形とどめてない気がしますが。ああそういえば、別シリーズの「楚留香」が現在台湾でドラマ化進行中だそうで。これはどんな感じになってるのか、ちょっと見てみたいかも……って、話がずれた。

 この巻の序盤でまず学んだことは、「このシリーズでは普通では絶対にありえなさそうなことが平気で起こる」でした(大真面目) いやだって、前巻であれだけ大物ぶりを見せてくれたあの人がああもたやすくあんなことになるとは思いませんてば(指示語が多すぎて意味不明) そんなこんなで最初から予想外の出来事に驚かされつつ、普通に主人公らしく活躍している陸小鳳の格好良さに惚れ惚れしたり、微妙に女心が分かってない行動に苦笑したり。それにしても、なんだかんだで彼女との仲は進展したっぽいけど、そうなると即死亡フラグに繋がっていきそうなのが怖いです。彼女が結構好きなだけに、そう思う。一方、色恋沙汰に関しては知らぬ間に随分進展していた西門吹雪。人としての幸せと引き換えに、神がかっていた剣の腕に微妙な曇りが(それえも十分超人的な腕前だとは思いますが) いよいよの決闘直前、多少弱気になっていた西門吹雪にかつての気概を取り戻させる陸小鳳は、友達が多いのも納得できる、懐の大きな漢だと思いました。自信を取り戻した後の西門吹雪も、最後の啖呵に至るまでとにかく素敵で。彼らに朋友と、あるいは好敵手と認められた葉孤城は幸せ者だなぁ、としみじみ。
 話の流れとしては、陸小鳳が怪事件の捜査に乗り出すのはこれまでどおり。違うのは、誰に頼まれたわけでもなく調査に乗り出すのと、追う事件がはっきり姿が見えない陰謀、という点か。事態が二転三転する中、思わぬ人が被害にあったり無事な人は誰も彼もが怪しく思えてくるという、突き詰めていけばいくらでも殺伐とした雰囲気になっておかしくないストーリィ展開なのに、不思議なぐらい可笑みや爽快さが味わえるのはこのシリーズの最大の特徴であり、陸小鳳の性格によるところが大きいのでしょうねぇ。まぁ、冷静に見れば細かい疑問点やら唐突に出てきたような気がする展開やらもあったりするんですが、これだけ面白ければそんなのもうどうでもいいやと思えてきますし(適当)

 さて、天下を二分する決闘にも決着がついたところで。次の巻はどんな話が読めるのか、4巻以降の早期翻訳も期待してます早稲田出版さん。

作品名 : 陸小鳳伝奇3 決戦前後
    【 amazon
著者名 : 古龍
出版社 : 早稲田出版
ISBN  : 978-4-89827-322-7
発行日 : 2006/11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)