『戦塵外史 野を馳せる風のごとく』[花田一三六/GA文庫]

エイジェル王国の侵攻を受け、一つの国が地図上から姿を消した。国の名はガルア公国。皇族で唯一生き残った皇女フィアナは、カルディア帝国皇帝セヴェロスに謁見し、挙兵を願う。曰く、「あの侵略者に一矢報いてやりたい」と。「時期尚早」とその嘆願を切り捨てたセヴェロスだが、フィアナの言葉は一人の男の好奇心を動かした。2ヶ月前にカルディアに併呑されたアバール大公国の世子で、今はカルディアの傘下にある武人、ダリウス。「ひとつ派手にやろうじゃないか!」 かくして前代未聞の、たった5人による国盗りが幕を開けるのだった。

 以前、角川スニーカー文庫で発売されていた作品の復刊。ファンの間で通称「大陸」シリーズと呼ばれている作品群の一つ。

 影響を受けている作家やら作品やら人物やらは分かりやすいのですが、「面白いからまぁいいか」と思えるあたり、若さゆえの勢いというのも馬鹿に出来ないものだよなぁ、となんとなくしみじみ(「黎明」はそういう意味では個人的にかなりがっかりな作品だったもので)
 そんな呟きはさておき。架空世界を舞台にした歴史物語は珍しいようであまり珍しくもないですが、この作品の場合は文体も手伝って全体的にかなり硬派な印象を受けます。そのわりに、(魔法や神秘といったもののない世界にもかかわらず)たった5人で小国を奪い返すというかなり無茶なことをやってくれるわけですが。そんな無茶も、「この連中ならやっちゃいそうだなぁ」と妙に納得できてしまうというか。主人公のダリウスは別格にするにしても、彼の内縁の妻アスティアや従者のキルスとラザークも一流以上の腕前だし。また、当然のことながら正面からぶつかるのではなくいろいろ搦め手からも攻めていくわけで。まぁ、普通に考えて相手をするには非常に嫌な連中で、そんな連中を相手にすることになったエイジェル王国からは「疫病神のごとく嫌われていた」というのも、また納得できる話です。

 さて、あとがきによれば他2作品の復刊は確定し、売れ行き次第で単行本未収録の短編集も出るそうで。未収録短編で読み直したい作品があるので、短編集が出る程度には売れるといいなーとひっそり呟いておきます。

作品名 : 戦塵外史 野を馳せる風のごとく
    【 amazon , BOOKWALKER
著者名 : 花田一三六
出版社 : GA文庫(ソフトバンククリエイティブ)
ISBN  : 978-4-7973-3776-1
発行日 : 2006/10/12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)