新春映画。

来年新春に『墨攻』ロードショーとのことで、期待しつつ観にいこうと目論んでいます。

で、期待していることは間違いないのですが、それはそれとして公式サイトの特報画像を見て微妙に切ない気分になったのは私だけではないと信じたい。
いや、映画はコミック版ベースなのかもしれませんけど、それでももともと原作は小説なんだから「伝説の作品」とかいってくれればいいのになーと、小説版好きな人間として思ってしまったので。
でもまぁやはり、どんな風に映像化されてるのかは楽しみです。うん。

……ところで、映画化に合わせて『泣き虫弱虫諸葛孔明』第2部書籍化で売り出すっていうのはどうですか文藝春秋さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)