はじめての台湾・その2。

起床。近くの公園で太極拳やってるだろうから見学に行こうかなーでも暑いしなーとごろごろしてる間に朝食の時間になってしまう。嗚呼、駄目駄目。

朝食後、忠烈祠(平たく言えば台湾版靖国)の衛兵交代を見学に行く。ここに限らず、中正記念堂や国父記念館等の警備に当たる衛兵さんは身動きしない事はもちろん、瞬きも控えるように命令されているそうで。分かりやすく言えば、東洋版バッキンガム宮殿の衛兵ってことですね(←微妙な理解の仕方するなそこ)
で、ガイドブックなどで「交代時の一糸乱れぬ動きが見所」と書かれてますが、これはもうすごいというか圧倒されたとしか言いようがありませんでした。日頃の訓練の賜物なのでしょうねぇ(しみじみ) しかし、表に出ている間はずっとピシッと動くことになってるのだろうと思っていたので、最後の最後、大門脇の詰め所?に引っ込む時殿の衛兵さんが笑って手を振ってくれたのにちょっと吃驚した。

次は、最大の観光名所だろう故宮博物館へ。
一言で感想を言うなら、「風格なら大陸、質なら台湾」という感じ。蒋介石が台湾へ持ち出した秘蔵の宝物品は陶器や象牙細工など選り取り見取り。溜息が出るほど美しかったです。
他にも庭園などもあるとのことでしたが、時間の都合で見学できず。そもそも、展示品の見物もかなり要点絞ってだったし。まぁ、ツアーだから仕方がないとは言え、ゆっくり見物できなかったのはやっぱり物凄く心残り。1日2日置いておかれても飽きないだろうになぁ。
その後は中正記念堂をぶらぶらしたり、総統府の外観を(バスに乗ったままでしたが)見学したり。

昼食は、点心の有名なお店。しっかりしたレストランを想像していたのですが、ファーストフードのお店っぽかったのにちょっと面食らいました。
でも、味は評判になるだけあってさすがに美味しかったです。特に小龍包が絶品。京都にも支店があるそうなので、そのうち食べに行ってみよう。

お昼からは自由行動。家族と別れて、友人へのお土産探しに繰り出したところ、あまりに普通な格好で歩いていたためかホテル出てすぐぐらいに道を聞かれてかなり困った。最終的に、「あいあむじゃぱにーず」と無茶苦茶カタカナ発音で乗り切りましたが。それからしばらくして信号待ちしてたら、また道を聞かれたのでまたカタカナ発音で(以下略) ……以後、予防策の意味をこめてガイドブックを片手に持ち歩くことにしました。それにしても、人種的に現地の人に間違われるのは仕方がないとは言え、そんなに道を聞きやすそうに見えるのか私。
そんなこんなであちこちのお店を覗きつつぶらぶら歩いていたら、雑貨のお店らしきところに辿りつく。一通り商品を見て回ったところ値段も手ごろだったので、ストラップをいくつか購入。ふと時計を見たら、そろそろ夕食の待ち合わせ時間だったので慌ててホテルへ戻る。

夕食は北京料理のお店。1日目と同じく、地元の人御用達、という雰囲気。味はまぁまぁでしたが、1日目のお店と違って、これはっ!と印象に残った料理はなかったかなぁ。あ、でも北京ダックは美味しかった。あと鱈の蒸し焼きっぽい料理。

食事後は、予約していたマッサージ。体格のがっしりしたマッサージ師の先生に全身をほぐしてもらう。極楽極楽。
すっきり幸せ気分で就寝し、台湾旅行2日目は幕を閉じたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)