『鋼殻のレギオスIII センチメンタル・ヴォイス』[雨木シュウスケ/富士見ファンタジア文庫]

 汚染された大地を行き交う自律型移動都市の一つ、学園都市ツェルニで暮らす少年レイフォンと彼を取り巻く人々の交流と成長を描く「鋼殻のレギオス」第3巻。

 今回はレイフォンが天剣授受者としてグレンダンにいた頃に引き起こし、結果グレンダンを追放されツェルニに来るきっかけにもなった事件が、グレンダンに残りレイフォンの帰還を待っているリーリン、そしてツェルニで新たな道を模索しているレイフォンにそれぞれ異なった形で影を投げかけてくる、という展開。とりあえず、終盤でのレイフォンの開き直りに、1巻当初と比べて彼もなんだかんだでいろいろ変わってきてるなぁ、と改めて感じてみたり。
 しかし、それよりも今回驚かされたのは初お目見えとなったグレンダンの天剣授受者(3名)とその上に立つアルモニス陛下ですよ。いや、リンテンスやサヴァリスに関しては、普通に好きなタイプのキャラだなーと思いつつ読んでいたのですが、陛下にはこれまで全くその可能性を考えてなかったので必要以上に驚かされたというか。今後何らかの形で彼らの話が読めると嬉しいのだけど、どうなることやら。

 一方、レイフォンを巡ってのラブコメでは、それほど大きな動きはなく。ニーナはやっぱり戦友ポジションながら、別にヒロイン争いの座から降りたわけでもなさそう、というのが確認できたのは収穫といってもいいのだろうか。

 次の巻はシャーニッドに焦点が当たるようですが、一体どういう話になるのか楽しみ。

作品名 : 鋼殻のレギオスIII センチメンタル・ヴォイス
    【 amazon , BOOKWALKER
著者名 : 雨木シュウスケ
出版社 : 富士見ファンタジア文庫(富士見書房)
ISBN  : 978-4-8291-1846-7
発行日 : 2006/7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)