『ぶたぶたのいる場所』[矢崎存美/光文社文庫]

 光文社から発売のぶたぶたシリーズも、早いもので3作目。オール書下ろしかと思いきや、1作は異形コレクション収録作だそうで。これまで気がついてなかったので、ちょっと悔しい。

 それはさておき。今回舞台となったのはとあるホテル。ぶたぶたさんがバトラーとして勤めるホテルで記念行事として近隣住民参加の演劇が企画。ぶたぶたさんもその演劇に参加することに、という話が筋になってますが、あんまり関係ない話もあり(というか、短編5本のうち2本は直接的に関係ない) 内容的にはもはや超安定というか、収録されているどの話もほのぼのまったりと楽しめていい感じでした(ちなみにお気に入りは、ぶたぶたさんを怖がるホラー小説家の話と演劇が披露される最終話)
 それにしても、この演劇は見てみたいなぁ、と思いましたね。いや、最初は「なんでまたオセロー、しかもぶたぶたさんがイアーゴー役!?」とそのギャップに唖然としましたが、最終話での描写がかなり楽しそうだったので。

 近いうちに徳間デュアル文庫から発売予定の新作はどんな感じに仕上がっているのか、楽しみです。

作品名 : ぶたぶたのいる場所
    【 amazon , BOOKWALKER
著者名 : 矢崎存美
出版社 : 光文社文庫(光文社)
ISBN  : 978-4-334-74095-5
発行日 : 2006/7/12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)