今度は直木賞ですってよ。

お気に入り作家の一人、宇月原晴明氏の『安徳天皇漂海記』。先日の山本賞受賞に引き続き、今度は直木賞候補に選ばれましたよ。……な、何の冗談ですかこれ(←ファンのクセに失礼な言い草だなおい) 確かに、これまでの伝奇戦国モノと比べれば一般受けしそうな作品だとは思ったけど、ここまでですか。えーと、まぁなんにしろ知名度が上がってより好き勝手にあれこれ面白い作品を書いてくれれば嬉しいなーと。

……ところで、実際のところ宇月原氏が受賞する確率ってどんなものでしょう。他の候補も伊坂幸太郎、古処誠二、貫井徳郎、三浦しをん、森絵都と、誰も彼も実力派だしなぁ。これまでの法則でいえば、伊坂氏の受賞確率がやや高いか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)