『陸小鳳伝奇2 繍花大盗』[古龍/早稲田出版]

江湖を騒がす謎の盗賊、「繍花大盗」。髭を生やした男だというその盗賊は、華麗な牡丹の花を刺繍する一方で対峙する者を瞬く間に盲目に仕立てるという。陸小鳳は、ひょんなことから捕り手として名高い金九齢に力を貸すことに。

 陸小鳳シリーズ第2巻。独立した話かと思いきや、微妙に1巻からの続きといった側面があり。しかも、リンク部分の一部(というか登場人物というか)は今回の翻訳版で補完された箇所なため、小学館文庫版を読んでる方でも一度は何とかして早稲田出版版に目を通される方がよろしいかと。
 それはさておき、今巻の感想。あらすじやなにやらからはミステリ色が強い話なのかなーと思っていたのですが、読んでみると案外そうでもなく(つーか、逆に期待しすぎると……かも) 公孫大娘が陸小鳳を評して「おまえはなぜかしらいきなり賢くなるときがある」と言ってましたが、正にそんな印象。1巻に引き続き、あれやこれやと動いているうちに、いつの間にやら事件解決の糸口をつかんで黒幕追い詰めてますよこの人、みたいな。これで面白くなければキレますが、この人の場合は面白いから何でもいいです(適当)
 登場人物の話。花満楼は出番少な目でしたが、数少ない登場シーンではその良い人振りを見せつけてくれました。とことん良心的存在ですな彼は。西門吹雪は1巻でも退場となった某場面の影響で、今回出番なし(彼に関する序盤の会話では、思わず噴出しました) この二人が実質休みだった影響があるのかないのか、陸小鳳は主役として奮闘。終盤に用意されている「繍花大盗」との決闘では、素で「うわ、この人本当に強かったんだ!?」と少し彼を見直しました(失礼) あと、今回ある意味大活躍だったのは、1巻でも少し登場した司空摘星ではなかろうかと。最初は陸小鳳と「子供の喧嘩か」というような勝負の話も楽しかったですが、再登場時の行動がまた良かったと思います。最後になりましたが、剣客・葉孤城もかなり傍迷惑な登場。これだけだと何しに出てきたんだこの人?という感じですが、次への顔見せだと思えばまぁこれはこれで(贔屓目)
 「繍花大盗」を巡る事件は苦い結末になりつつも無事解決。けれども、陸小鳳には新たな気がかりが。彼が出向こうとしている先では一体何が待ち構えているのか、というところで以下3巻へ。

作品名 : 陸小鳳伝奇2 繍花大盗
    【 amazon
著者名 : 古龍
出版社 : 早稲田出版
ISBN  : 978-4-89827-315-9
発行日 : 2006/5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)